葬儀の後に

葬儀事務の引き継ぎ

世話役や手伝いの人たちにお願いしていた葬儀事務を引き継ぎます。
世話役からは
・会葬者名簿、弔問客の名刺
・香典と香典帳
・弔辞・弔電
・供物・供花の記録帳
・会計の収支記録、請求書、領収書
などを受け取ります。
その後、合計係とは収支記録と残金の照合をし、領収書と合っているか確認をします。
葬儀費用は相続税の控除の対象になるので、領収書は必ず受け取りましょう。
香典は香典帳と現金の照合をします。
これらの処理はできれば精進落としが終わった後か、翌日中にはすませましょう。

葬儀社への支払い

葬儀の2~3日後に請求書が届きます。
葬儀社からの請求書は明細書と見積書をよく照らし合わせ、十分に内容の確認をしてから支払うようにしましょう。
特に世話になったと感じる場合は、別に心づけを包んでも構いませんが、特に気にする必要はありません。

心に残る家族葬|追加費用0円の葬儀|葬儀社の検索サイト

心に残る家族葬は下記3点を特長としています。
・ご家族の絆を大切にする、「心のこもった」ご葬儀です。
・全国平均より「安い」明朗な料金体系です。
・「追加費用0円」でご葬儀が行えます。
直葬であれば17万5千円で全て込みの葬儀が出来ますので、是非ご利用ください。
心に残る家族葬[http://www.sougiya.biz/]

世話役へのお礼

世話役代表や葬儀委員長には、後日出向いてお礼を述べますが、葬儀当日に「お車代」を渡してもよいでしょう。
一般の世話係にも、丁寧にお礼を述べて、必要に応じて「お礼」として現金を包みます。
後日、世話役代表や葬儀委員長に挨拶に出向くとき、手土産を持参することも多いようです。
現金の場合は、白封筒に入れ、「御礼」とします。
その他、ビール券や仕立券つきのワイシャツ生地などを持参することもあります。

挨拶まわりを

喪主は初七日までに、お世話になった方々へ挨拶に出向きます。
特に世話になった相手には菓子折などを持参します。
いろいろと迷惑をかけた隣近所にも挨拶に出向きましょう。
故人が在職中であった場合は職場へ挨拶に行きます。
事前に総務課などへ電話をかけ、必要な手続きなどについても問い合わせておくとよいでしょう。
出向く際の服装は、準喪服か地味な平服を着用します。
遠隔地などで訪問できない場合は、電話にてお礼を述べてもよいでしょう。
弔問には見えずに、弔電や供花、供物、香典を送ってくれた人には、礼状を送ります。

寺院・教会へのお礼

寺院や神社、教会へは葬儀の翌日か翌々日にはお礼の挨拶に出向きます。
寺院へのお礼は、受戒や、通夜・葬儀・火葬の導師を務めていただいたお礼を一括にして包みます。
表書きは「御布施」としましょう。
葬儀の謝礼について、規定料金を設定しているところもあるので、確認した上で現金を包みます。
ない場合は「どのくらいでしょうか」と直接たずねてもかまいません。
具体的な金額を提示してくれない場合は、葬儀社、世話役、檀家や氏子総代、教会なら信者の長老に相談します。
規定がない場合は、葬儀の規模、宗教者の人数や地位などを考慮に入れて包む金額を決めましょう。

僧侶へのお礼

仏式では「御布施」といい、神式、キリスト教式では「お礼」といいます。
仏式に限りますが、仏名をつけてもらったお礼として仏名料が必要になってきます。
また、通夜ふるまいや精進落としに僧侶が出席しなかった場合は「御膳料」を、お寺で葬儀を営んだ場合は式場費として「御席料」を渡します。
お礼の金額がわからないときは、葬儀社の人に相談するか、率直にお寺や神社、教会にたずねます。

謝礼の包み方

お札は奉書紙に包むか、白封筒に入れます。
表書きは、宗教にあわせて筆または筆ペンを使います。
ふくさなどに包み、小さな盆や菓子折にのせて渡します。
寺院へのお礼は、仏名のお礼、通夜、葬儀を通じてのお経のお礼など、そのつど渡すこともありますが、葬儀後一括して渡す場合はまとめて包んで「御礼」もしくは「御布施」と表書きします。
神社へのお礼は斎主とその他の神官、楽員、それぞれを別に包み「御礼」「御神饌料」と表書きします。
教会へのお礼は「献金」として包み、牧師や神父、オルガン奏者や聖歌隊には、個別に「御礼」として包むことが多いようです。

告別式当日の進行Q&A

葬儀・告別式でのお金や斎場などの気になる点

親族の多くは遠方にいます。出席する親族の旅費などは喪主が負担すべきですか?

結婚式の場合は、新郎・新婦が地方にいる先輩や知人を招待するとき、交通費やホテル代を負担することが多いものです。
ですが、葬儀のときは、原則として喪主が費用を負担する必要はありません。
しかし、特に故人が生前お世話になった方や、遺族が今後ともお付き合いすると予想される方には、礼をつくしたいものです。
負担の口安は、宿泊代プラス交通費の実費程度と考えればよいでしょう。
自分が葬儀に出席する際、ホテル代等を負担してもらった場合には、香典をその分だけ上乗せするのが礼儀です。

「斎場」にはどんな種類があるのですか?

「斎場」には「葬儀会館」「葬儀式場」とか、あるいは「セレモニーホール」などといわれるものがあり、公営のもの、寺院など宗教法人が経営するもの、葬儀社など民営のものがあります。
経営主体により使用料も異なっています。
いずれも使用の申し込みは、葬儀社に代行してもらうこともできますが、料金体系などはきちんと調べたほうがよいでしょう。
設備の内容は、斎場によって違います。
式場だけの使用となる場合もありますし、親族が仮眠できたり、中には浴室や簡易キッチンを備えていたりするところもあります。
サービスも斎場によって異なるので、場所貸しだけというところから、寝具・食器などの道具を貸し出すところ、一流ホテル並のきめの細かい相談・サービスを含む必要な設備一切を備えたところまでさまざまです。
斎場を探すなら、下記サイトが便利です。
http://www.osoushiki-plaza.com/saijo-db/

急な葬儀で蓄えがありません。取り急ぎ用意すべき費用はどのくらいでしょうか?

かつて葬儀費用は「葬儀の当日現金払い」といわれていましたが、葬儀社の支払いについては、請求をうけてから月末あるいは翌月に現金もしくは銀行振込という形式が多くなっています。
葬儀後数日以内に現金払いが必要となるのは、寺院への御布施です。
一般に20万円~80万円と幅がありますが、家庭の事情にあわせて精一杯のことをすればよいでしょう。
また、親族の食費、火葬料金など「その他」のお金を15~20万円は用意しておくとよいでしょう。
当座の出費は、地味にすれば40万円程度となりますし、少し規模を大きくすれば100万円は程度必要になります。

このページの先頭へ